安くデータの保管ができる|破損したHDDからでもデータ復旧をする会社|ウェブメールの利便性

破損したHDDからでもデータ復旧をする会社|ウェブメールの利便性

安くデータの保管ができる

ネット

どの企業でもパソコンに取り込むデータの多くは、HDDに記録することがほとんどでしょう。HDDに記録することで、すぐに業務に用いるデータを読み込むことができます。しかし、HDDに記録できるデータ容量は限られているため、たくさんのデータを全て保管することはできないものです。そこで多くの企業は、ファイルストレージを用いてデータ保管を行ないます。ファイルストレージとは、いわば資料の多くを保管する倉庫のような存在です。専用のファイルストレージ機器を導入することで、たくさんのデータを記録できるほか、ファイルの共有化などの機能も利用できます。ですが、ファイルストレージ専用の機器は非常に高価であるため、多くの企業は通常のパソコン機器を用いて記録しているでしょう。こうした方法は安価にストレージができる反面、機器の不具合などが頻発するため問題となります。放熱機能が不十分であるために起こるオーバーヒートや、ホコリが溜まることでのトラブルなど、さまざまな問題が生じるようになるのです。

そこで最近多くの企業に注目されているのが、クラウドファイルサーバーでのサービスです。クラウドシステムによって導入できるファイルサーバーで、ネット経由でデータの記録や読み込みができるため、機器導入による費用が安くなります。また、クラウドファイルサーバーは機器を運用している会社が管理してくれるため、自社でファイルストレージ機器を管理することに比べ管理による負担が少ないのです。サーバー機器は遠隔地にあるため、火事や震災などによる物理的な要因でのデータ損失のリスクもすくないのも、クラウドファイルサーバーの利点といえるでしょう。