機能拡張をする必要がない|破損したHDDからでもデータ復旧をする会社|ウェブメールの利便性

破損したHDDからでもデータ復旧をする会社|ウェブメールの利便性

機能拡張をする必要がない

3人の男女

自社で運用するファイルストレージの機器は、記録するデータの容量が大きくなれば、それに合わせて機能を拡張し続けなければなりません。ファイルストレージの容量はHDDに比べれば遥かに容量は大きいものですが、毎日の業務に使用するデータですから容量は自然に大きなものとなります。会社が保有するデータは、テキストデータだけではなく写真や図といったデータ容量の大きな情報も保管しているため、ファイルストレージでも保管が難しい状態になることがあるのです。ファイルストレージ機器を自社で導入する場合、機器の購入費用だけでなく管理運営による費用を支払います。これに加え、機能拡張による費用まで支払うとなると、企業への負担は大きなものとなるでしょう。法人向けサービスであるオンラインストレージならば、こうした問題を解決できます。サーバーシステムの拡張は管理をしている会社が行なってくれるため、こちらが高い費用と手間を掛けて拡張する必要はないのです。

しかし、法人向けのオンラインストレージは、保管するデータの容量に合わせて費用が高くなってしまいます。そのため、管理をする会社が拡張をすると聞いて、一気に高額な費用を支払わされるのでは、と危惧を抱く人もいるでしょう。しかし、法人向けのオンラインストレージサービスを行なう会社の中には、データ容量の増加に伴う費用が安いところもあります。1GBにつき100円といった安価なサービスを行なう会社もあるので、オンラインストレージのサービスは、法人企業がファイルストレージ機器を導入するよりもお得な価格で利用できるのです。