破損したHDDからでもデータ復旧をする会社|ウェブメールの利便性

どのようなデータも蘇る

作業員の男女

パソコン内部のHDDは、ちょっとしたショックでデータが損失することがあるため、扱いは慎重に行なわなければなりません。内部HDDは衝撃に弱く、デスクからの落下によって簡単に壊れてしまうことがあります。物理的な衝撃で壊れたHDDは、データの読み込みができなくなり、業務で使用していたデータを失うばかりか、パソコン自体も起動させられなくなります。動かなくなったパソコンは、機器の買い替えやHDDの交換によって対処することができます。しかし、こうした方法では業務に使用していたデータが蘇るわけではないので、データの損失によって企業に大きな損害が与えられてしまうのです。重要なデータを蘇らせたいならば、データ復旧を専門に行なう会社に依頼するとよいでしょう。物理的なダメージによるデータ損失の対処のほか、停電やシステムエラーによるショックによるデータ損失にも対処してくれます。

データ復旧を行なう会社では、クリーンルーム内での精密な作業により、データが失われた機器からデータの抽出を行なってくれます。国内でも多くのシェアを誇る会社であればデータ復旧率も非常に高いので、大きな破損をしたパソコンからでも大部分のデータを蘇らせることができるでしょう。データ復旧を行なう会社へ依頼するならば、自社ラボでデータ復旧作業を行なう会社に依頼しましょう。国内でデータの復旧をすぐに行なう会社ならば、すぐに必要なデータの抽出を行なってくれるので、会社の業務も迅速に再開できるようになります。

手軽にメールを送れる

IT

ウェブメールは、会社が管理しているパソコンや携帯電話以外からでも無料でメールを送ることができるサービスです。セキュリティ面で不安を抱く人もいるでしょうが、パソコンにデータを残すことを避けられるので、誰かにメールの内容を見られることもありません。

もっと見る

安くデータの保管ができる

ネット

HDDに保管しきれないデータは、ファイルストレージ機器を導入することで保管できます。しかし、自社で機器を購入するとなると高額な費用が必要となります。クラウドファイルサーバーのサービスを利用すれば、安価にデータの保管ができるでしょう。

もっと見る

機能拡張をする必要がない

3人の男女

法人向けのオンラインストレージサービスでは、サーバーを管理する会社が適宜機能の拡張を行なうので、自社で管理する場合に比べ費用や手間の負担がかかりません。データ容量が増えたとしても、サービスを行なう会社へ支払う費用は安いので、利用しやすいのです。

もっと見る